授乳ライトはいらない?それとも必要?授乳ライトの代用でおすすめなのは?

当ページではアフェリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

いつでも泣いてしまう赤ちゃんって可愛い反面少し体力的に疲れちゃいますよね。

特に夜の授乳は周りが見えず授乳ライトを使っているママさんも多いですが、実際授乳ライトって必要なんでしょうか?

実は授乳ライトは部屋の豆球やスマホのライトで事足りているのであれば授乳ライトは必須じゃないんです。

もちろん授乳ライトはママさんのために作られた商品のため非常に使い勝手がよいです。

簡単に調光できたり優しい色の明かりだったりと普通のライトよりかもママさん向けに作られています。

そんな授乳ライトですが、ベッドサイドの置く場所に困ったり、豆球で代用できるため使っていないというママさんもいらっしゃいます。

この記事では授乳ライトの必要性や選ぶときのポイントなどについて詳しく解説します。

授乳ライトはいらない?それとも必要?

夜の授乳やオムツ替えは夜暗い中で周りが見えず授乳ライトを使っているママさんも多いですが、実際授乳ライトって必要なんでしょうか?

授乳ライトは部屋の豆球やスマホのライトで事足りているのであれば授乳ライトは必須じゃないんです。

では、そもそも授乳ライトの必要性とは一体何でしょうか?

授乳ライトを使うメリットとして大きく以下の2つが挙げられます。

  • 家族を起こさない程度の明るさを確保できる
  • 光の強さや向きやオン、オフが簡単に操作できる

特に1つ目の「家族を起こさない程度の明るさを確保できる」という点が非常に重要です。

夜のオムツ替えや授乳は手元が暗くて非常に難しいですよね。

しかし、夜中赤ちゃんの鳴き声がする中で明かりまでつけてしまうと家族も目を覚ましてしまうことがあります。

夜泣きで夜寝られないとお母さんはもちろん旦那さんや上の子のストレスにもなります。

そんなときに役に立つのが授乳ライトなんです。

優しい明かりで一点を照らしてくれるため家族のことを心配せずに授乳やオムツ替えができます。

また、他のベッドサイドランプとは違い光の強さを変えたり操作が容易なため夜暗い中でも安心して使えるんです。

そのため筆者個人としては「あっても損はない」と思います。

しかし、豆球やスマホのライト等で代用しているママさんも多くいらっしゃる為授乳ライトが必要ないこともあります。

先程述べたように「必要だな」と感じたときに購入するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

授乳ライトを選ぶ時のポイント

授乳ライトといっても様々なメーカーから様々な商品が販売されています。

特に初めてのお子さんの場合はどのように使うのかが想像できず「どれを選んだらいいんだろう」となってしまうママさんも多いはずです。

この章では授乳ライトを選ぶときのポイントを3つご紹介します。

給電方式

まず選ぶポイントの一つとして給電方法があげられます。

主に充電タイプとコンセントタイプの2つがありますが、おすすめは充電タイプです。

コンセントタイプの場合は持ち運びができないためベッドサイドでしか使えません。

「授乳ライトに持ち運びなんていらないでしょ」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、授乳ライトの場合は光源がよわいため授乳やオムツ替えのときに授乳ライトから少し距離があると暗くて見えないことがあります。

そのような時充電タイプだと自分の手元まで近づけられるため手元が明るいままで作業できます。

また、ミルクを作ったりする際にキッチンへ向かいますが夜は部屋が真っ暗です。

暗い中で赤ちゃんを抱っこしてしまうと両手が使えず非常に危険です。

授乳ライトを使って足元を照らせることも充電タイプの授乳ライトのメリットです。

明かりの強さや色

授乳ライトを使うメリットとして先程「光の強さや向きやオン、オフが簡単に操作できる」ということをお伝えしました。

普通のベッドサイドランプでは明かりの色や強さにこだわる方はあまりいないかもしれません。

しかし、授乳ライトの場合は明かりの強さや色が非常に重要です。

夜に家族と一緒にいる中で強い明かりでライトを付けてしまうと家族が起きてしまうのはもちろんのこと、ママさん自身も目が覚めてしまい再度眠りにくくなってしまいます。

また、一般に白い明かりよりも暖色のほうが目を覚ましにくいとされています。

スポンサーリンク

授乳ライトの代用は100均やニトリでも購入できる

授乳ライトの代用品は100均やニトリなどでも販売されています。

ニトリや100均で売っている授乳ライトは比較的安価なため「お試し」で買うのに最適です。

100円ショップでは2WAYランタンやミニスタンドライトなどが授乳ライトの代用になるでしょう。

また、ニトリではEDランプとして販売されているものが持ち運びやすく明るさもマイルドなため使い方によっては授乳ライトよりも便利だと感じる人もいるでしょう。

\\プライムデー(先行含む)開催中!お得な商品がいっぱい!!ポイントアップキャンペーン最大15%還元!//
Amazon

まとめ

  • 授乳ライトは人によって必要かいらないかはわかれる
  • 授乳ライトは優しい光で目が覚めにくい
  • 授乳ライトを選ぶポイントは給電方式と光の色や強さ

この記事では授乳ライトの必要性や選ぶときのポイントなどについて詳しく解説しました。

授乳ライトは豆球があればいらない、と感じる人もいらっしゃいますが優しい光で必要なところを照らしてくれます。

「暗くて授乳やオムツ替えに支障がある」「電気をつけたら家族が起きてしまった」などの悩みがあるお母さんにはうってつけの商品になること間違いなしです。

必須というわけではありませんが、必要に応じて購入を検討してくださいね。

選ぶときは給電方式や光の色などを比較してみると自分にあった授乳ライトを購入できると思います。

スポンサーリンク

子育て

Posted by sirodan