男の子しかしかいない家は雛人形は飾らない?ママのためにコンパクトでおしゃれなものを飾ろう

当ページではアフェリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

男の子しかいない家庭でも、雛人形を飾っても大丈夫です。

お雛様には種類がたくさんあり、コンパクトでおしゃれなものもあります。

女の子がいなくてもかわいい雛人形をママのために飾りましょう。

でもひな祭りは女の子を祝うものだから、と何だか気が引けてしまうかもしれません。

そんなひな祭りの元の由来は、女の子のお祝いではなかったのです。

人の代わりに人形を川に流すことで邪気払いをする風習「流しびな」が、立派な人形が作られるようになり「流す」から「飾る」へ。

そして平安時代に宮中の女の子が遊んでいた人形「ひいな」などがあわさり今のひな祭りになったと言われています。

現代では桃の節句として女の子の健やかな成長を願ってお祝いする日ですが、雛人形を飾ってはいけない理由にはなりません。

男の子しかいないママも我慢せずにかわいい雛人形を飾りましょう。

この記事では男の子しかいない家は雛人形は飾らないのか、コンパクトな雛人形の紹介や飾る場所について紹介いたします。

男の子しかいない家は雛人形は飾らない?

男の子しかいない家でも、雛人形を飾っています。

ママは娘がいなくても飾りたいですよね。

男の子しかいないからと諦めなくても大丈夫ですよ。

節分が終われば、雛人形やひな祭りの飾り物が出てきます。

買い物に行けば必ず目に入ってくるかわいい雛人形を見ると、飾りたくなりますよね。

日本にはたくさんの行事があり、四季を感じるためにも雛人形を飾ることはいいことではないでしょうか。

そして保育園や幼稚園では、男の子もお雛様の工作を作って持って帰ってきます。

その時期のかわいい工作を飾ると成長もわかりいいですよね。

お気に入りの雛人形を見つければ、毎年飾る楽しみができます。

あまり大きいものは値段も高くなってくるので、ママが楽しめる程度の小さな雛人形を飾るのはいかがですか?

男の子しかいない家でも、立派な雛人形ではない手軽に準備できるものでひな祭りを楽しみましょう。

その他に男の子しかいなくても、ちらし寿司や桜餅を食べて過ごすのもいいですね。

ひな祭りは男の子女の子関係なく、過ごせる行事といえるでしょう。

スポンサーリンク

コンパクトでおしゃれな雛人形

コンパクトでおしゃれな雛人形はあります。

100均にも季節の飾り物がたくさんあり、値段もお手頃で購入しやすいですね。

100均以外でも、タペストリーやコンパクトな雛人形もあります。

ここでは2点の雛人形の紹介をさせていただきます。

1点目はタペストリーです。

タペストリーは雛人形の他にも季節のものが多くあり、その時期に合わせて変えることができるのでおすすめです。

お値段もお手頃で、収納に場所をとらないところもいいですよね。

デザインの種類も豊富なのでぜひお気に入りを見つけてください。

2点目は木製のコンパクトな雛人形です。

小さくて場所をとらず、収納も簡単な木製の雛人形はいかがでしょうか?

男の子しかいない家でも、コンパクトな雛人形だと気にせず飾りやすいですね。

シンプルなインテリアが好みの方や、あまり目立たせたくない方におすすめです。

\\プライムデー(先行含む)開催中!お得な商品がいっぱい!!ポイントアップキャンペーン最大15%還元!//
Amazon

うちには必要ない、と思っていた男の子しかいないママもこの機会にお家のインテリアをひとつ増やしてみませんか?

季節のインテリアには、出し入れが必ず必要になってきます。

面倒くさいと思わず毎年の楽しみになるように、お手入れが楽で出し入れしやすいものをおすすめします。

スポンサーリンク

雛人形を飾る場所はどこがいい?

雛人形を飾る場所に決まりはありません。

子供の健やかな成長を見守る意味から、家族が集まる場所に置くといいとされています。

しかし、男の子しかいないママだけが楽しむのもならそんなことも気にしなくていいですね。

子供の日・ハロウィン・クリスマスと季節の飾りを置く場所は決まっていませんか?

その季節の飾り物の場所に雛人形を飾りましょう。

雛人形を飾る時期に決まりはありませんが、一般的に立春(2月4日頃)から桃の節句(3月3日)の1週間前くらいまでに飾るとされています。

いつまで飾っているかも地域によって違いますが、桃の節句が終われば早めにしまうところが多いようです。

季節のインテリアとして雛人形を飾り、桃の節句を迎えたいですね。

まとめ

  • 男の子しかいない家でも雛人形は飾る
  • コンパクトでおしゃれな雛人形がある
  • 雛人形を飾る場所に決まりはない

女の子のお祝いの印象が強いひな祭りですが、男の子しかいなくても雛人形を飾っても大丈夫です。

男の子しかいないからと諦めず、季節のインテリアとしてママも楽しみましょう。

寒い冬から暖かくなる春に、かわいい雛人形があると嬉しくなりますね。

その時期にしか楽しめない行事を大切に、お気に入りの雛人形を見つけてください。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

生活

Posted by iluka