臨月でツーンとした痛みを子宮口で感じる原因を解説!チクチクや刺すような痛みなども胎動とは関係ある?

2023年4月24日

当ページではアフェリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

臨月に子宮口がチクチクしたり刺すような痛み・ツーンとした痛みを感じると心配になりますよね。

結論からいいますと、臨月に子宮口の痛みを感じる妊婦さんは多いようですので、そこまで心配しなくても大丈夫ですよ。

臨月より前の妊娠後期から子宮口に痛みを感じる妊婦さんも多くいるようで、胎動を感じると痛むことも。

ただ張りが強かったり痛みが強くなってきたり、出血していたりする場合は我慢せずに病院に相談してくださいね。

この記事では臨月や妊娠後期に子宮口がチクチクする、刺すような痛みやツーンとした痛みの原因を解説します。

後半では痛みを軽減する対策を紹介しますのでご参考にしてみてくださいね。

私も妊娠後期には胎動も激しく、子宮口を刺すような痛みとツーンとした痛みを感じて動くのも苦労しました。

1人目と2人目では妊娠後期で感じる痛みの種類も違ったので本当に妊娠と出産は毎回違うんだなと感じましたよ。

臨月で子宮口がチクチクしたり刺すような痛み・ツーンとした痛みの原因4つ!胎動で痛みが感じるのは関係あり?

人によっては子宮口あたりの痛みの感じ方はいろいろあるようです。

子宮口付近の痛みの感じ方
  • 子宮の奥の方がズキッと痛む
  • 膣の奥を針で刺すような痛み
  • 子宮口を針でチクチクされているような痛み
  • 恥骨のあたりでツーンと痛みが走る
  • 子宮口付近がムズムズするような違和感を感じる

このような痛みは妊婦さんの体で出産の準備が進んでいる兆候ですので、あまり心配しなくても大丈夫です。

とはいえこの痛みは大丈夫なのかと不安になりますよね。

あまりにも痛い、動くのが辛いという方は病院に相談してみてくださいね。

原因1.子宮頚管が短くなる

産道と言われている子宮頚管は、子宮の入り口の内子宮口から膣につながっている外子宮口の部分です。

赤ちゃんが下がってきてこの子宮頚管が短くなるときに痛みを感じることがあります。

原因2.胎動による圧力

胎動を感じる時に子宮口が痛むのは、赤ちゃんが動くと下りてきて子宮口に圧力がかかるためです。

ただ、この胎動があることで子宮口が刺激されて柔らかくなり、子宮口が開くようになるのです。

赤ちゃんの激しい胎動によってママの内臓や骨に当たることで出る痛みの可能性も。

特に臨月だと赤ちゃんの大きさも急に大きくなるので痛みを感じる頻度も高くなるようですよ。

原因3.子宮口が開いてきている

出産が近づいてきて赤ちゃんが下に降りてきて子宮頚管も短くなり、子宮口が開き始めます。

その際、子宮口が圧迫されて痛みを感じることがあるようです。

検診で子宮口が2~3センチ開いていると言われても入院せずに帰ることも。

これは子宮口が開いていてもこの段階ではまだ子宮口が固く、開くのにまだまだ時間がかかるかもしれないためです。

とはいえ出産は近づいていますし、子宮口が開ききって分娩になるまでは個人差があります。

陣痛はチクチクといったような痛みではなく、定期的にお腹を下している時のような痛みが段々と強くなり、痛む時間も間隔がだんだん短くなります。

もし陣痛かなと感じたら病院に電話をして指示を仰いでもらいましょう。

前駆陣痛の可能性もありますが、本陣痛かもしれません。

私は2人目の陣痛の際、前駆陣痛かと思いつつも病院に入ったら本陣痛で、その3時間後には産まれていました。

1人目の出産経験があっても陣痛が前駆陣痛なのか本陣痛なのかの区別はつかなかったのです。

ですので例え前駆陣痛だとしても、痛みが続いているなら病院へ連絡した方がいいと感じました。

原因4.骨盤のゆるみと開き

出産で赤ちゃんが下に降りてくるために骨盤が自然とゆるまり開いてきます。

その際に痛みを感じますが、私は多分この痛みだった様で歩くたびに刺すような痛みがズキッとしたりツーンした痛みで動くのが大変でした。

骨盤のゆるみは産後もゆるみっぱなしだと動くのも大変で苦労します。

しかし、出産するとき必ず骨盤は開かないと赤ちゃんが出てこれないので、次で紹介する痛みの対策を参考にしてみてくださいね。

臨月に子宮口で刺すような痛みやツーンとした痛みなどの原因を紹介しました。

4つとも出産のために赤ちゃんが下に下がってくることで起こる痛みだということですね。

スポンサーリンク

臨月に子宮口がさすような痛みやツーンとした痛みの対策

臨月に子宮口の痛みを軽減するための対策は、骨盤ベルトの活用です。

動くには痛すぎて辛いという方はぜひ試してほしいです。

私は妊娠後期には、この骨盤ベルトなしでは動くことができませんでした。

妊婦さんに人気な骨盤ベルトはとこちゃんベルトですね。

\\楽天お買い物マラソン開催中!ポイント最大46倍!//
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

とこちゃんベルトは妊娠中の骨盤のゆがみをカバーしてくれ、産後は骨盤のゆるみを回復させるサポートをしてくれます。

臨月の腰痛や恥骨の痛みもこのとこちゃんベルトで対策すれば動けるようになりますよ。

口コミやレビューでも評価が高いです✨

https://twitter.com/____niko___/status/1608667105427345414

私はとこちゃんベルトではないのですが、同じようなタイプの犬印本舗の骨盤ベルトで産前産後とても助けられました。

\\楽天お買い物マラソン開催中!ポイント最大46倍!//
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

とこちゃんベルトと同じくお腹の下に巻いて骨盤を固定する感じでした。

トイレのときはずらさなければいけなかったり、巻くのがきつすぎると座るのが痛かったりと調整が必要ではありましたが、痛みがあり動けないよりは全然許せる範囲です。

とこちゃんベルトと同様に出産後も骨盤のゆるみを回復するサポートとして使えるので、長期間この骨盤ベルトにお世話になりました。

胎動が激しかったり、お腹の重みで腰痛があったときに着用していないと辛いほどでした。

出産後に骨盤のゆるみを治さないでいると歩くのも妊娠前みたいにスムーズに歩くことが難しいのと、すぐ疲れてしまうので骨盤ベルトはぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 臨月の子宮口の刺すような痛みやツーンとした痛みは感じる妊婦さんに多く出る症状なのでそこまで心配しなくても大丈夫
  • 臨月の子宮口で刺すような痛みやツーンとした痛みが我慢できないほどの痛みや張りが強い・段々痛みが強くなるなどは病院に相談
  • 陣痛の痛みは定期的に痛みがあり段々強くなるので、痛む間隔が短くなるようであれば病院に連絡し指示を仰いでもらう
  • 妊娠後期や臨月の刺すような痛み・ツーンとした痛みや恥骨の痛みや胎動による痛みは骨盤ベルトで痛みが軽減する可能性がある

臨月はお腹が大きくなり痛みを感じることもありますが、赤ちゃんが出てくる準備ができてきて、もうすぐ会えます。

妊娠中は体が本当にしんどくて辛いですが、出産まであともう少しなので骨盤ベルトを活用して乗り越えられることを祈っております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

妊娠

Posted by りさまむ